KAGOYA CLOUD VPSの評判は?特徴や料金プラン、メリット・デメリットを解説

kagoya_cloud_vpsの評判は?

この記事をよんでいるあなたは、

  • KAGOYA CLOUD VPSの評判を知りたい
  • KAGOYA CLOUD VPSの料金プランを知りたい
  • KAGOYA CLOUD VPSのメリットやデメリットを知りたい

上記のように考えているかもしれません。

今回は、そんなあなたに向けて「KAGOYA CLOUD VPSの評判や特徴、料金プランやメリット・デメリット」などをお伝えしていきます。

目次

KAGOYA CLOUD VPSとは

KAGOYA CLOUD VPSとは

出典:https://www.kagoya.jp/cloud/vps/

KAGOYA CLOUD VPSは、法人向けサービスで人気のVPSサービスです。

競合他社のVPSのサーバーサービスの同程度のメモリ容量やディスク容量のプランと比較して、非常にコストパフォーマンスに優れています

日額料金で環境構築ができるため、開発環境として非常に使いやすいVPSサービスです。

また、スペック変更がコントロールパネルから簡単にできます。

変更が簡単にできるため、最初はスモールで始めて、リソースが増えた場合にスケールアップでき、コストを抑えた運用が可能です。

さらに、Linux OSとWindows Server OSどちらも利用でき、OS間でローカルネットワークを構築もできます。

KAGOYA CLOUD VPSの料金プラン

KAGOYA CLOUD VPS 料金プラン

KAGOYA CLOUD VPSの料金プランをLinuxとWindowsそれぞれ紹介します。

Linux

Linuxの料金プランは、下記になります。

スタンダードプラン

メモリー日額上限月額CPUSSD
1GB20円550円1コア25GB
2GB32円880円2コア200GB
4GB55円1,540円4コア30GB
4GB126円3,520円4コア800GB
8GB252円7,040円6コア800GB
32GB1,006円28,160円12コア1600GB

大容量プラン

メモリー日額上限月額CPUSSD
2GB32円880円2コア200GB
3GB63円1,760円3コア400GB
4GB95円2,640円4コア600GB
4GB126円3,520円6コア800GB
8GB252円7,040円6コア800GB
16GB503円14,080円8コア1000GB
32GB1,006円28,160円12コア1600GB

LinuxとWindowsどちらのプランも初期費用は無料です。

Windows

Windowsの料金プランは、下記になります。

メモリー日額上限月額CPUSSD
1GB28円770円1コア35GB
2GB38円1,045円2コア40GB
4GB142円3,960円4コア120GB
6GB228円6,380円6コア120GB
8GB433円12,100円8コア200GB
16GB804円22,495円10コア600GB

KAGOYA CLOUD VPSの特徴

KAGOYA CLOUD VPS 特徴

KAGOYA CLOUD VPSの特徴を紹介していきます。

国内データセンターで安心の稼働率

KAGOYA CLOUD VPSは、自社データセンターで高いセキュリティを維持しています。

自社データセンターに専任の技術者をおき、24時間365日サーバーを管理運用しています。

さらに、データセンターは、以下を備えています。

  • 耐震構造
  • 免震構造
  • 自家発電機能

KAGOYA CLOUD VPSのデータセンターの稼働率は、99.999%と非常に高い数値で安定しています。

競合他社サービスで、サーバーの稼働率99.9%をアピールしてる会社もあります。

しかし、競合他社の99.9%とKAGOYA CLOUD VPSの99.999%では、年間でサーバーの稼働時間にすると8時間もの差が出る計算になります。

それほど、サーバーの稼働率に安定しているのが、KAGOYA CLOUD VPSです。

環境構築が簡単

KAGOYA CLOUD VPSは、テンプレートとアプリケーションが準備されているため、希望の環境の構築が簡単にできます。

初期設定の手間を省けるので、よりスピーディに開発を進められます。

利用できるOSテンプレートは、以下です。

  • CentOS
  • Alma Linux
  • Rocky Linux
  • MIRACLE LINUX
  • Ubuntu
  • Kusanagi
  • Windows Serever

利用できるアプリケーションは、以下になります。

  • Docker CE
  • GitLab Core
  • Redmine
  • Nextcloud
  • Minecraft(Java版)
  • WordPress
  • LAMP
  • LEMP

サイト制作に便利なCMSであるWordPressや人気ゲームのMinecraftをすぐに利用できるため、実用性が非常に高いといえます。

スペックの変更や追加が簡単

KAGOYA CLOUD VPSは、コントロールパネルからスペックの変更や追加が可能です。

スペックを変更する際は、サーバーを停止する必要もなく、IPアドレスを変更する必要もありません。

そのため、KAGOYA CLOUD VPSを利用する際は、スモールスタートで始めて、リソースが不足した時点でスペックを変更することで、無駄なコストを抑えられます

10年以上の事業実績がある

KAGOYA CLOUD VPSは、これまで10年以上の運用実績があります。

また、レンタルサーバーやホスティングでの実績では、20年以上もの運用実績があります。

長期的にサービスを提供しているため、多くの企業のサービスやシステム基盤として採用されています。

多くの企業のサービスやシステム基盤として採用されていることから、信頼性と安定性に定評があります。

サポートが充実している

KAGOYA CLOUD VPSは、電話でのサポートも行っており、不明点があれば直接質問ができます。

電話サポートは平日10時から17時、メールは24時間受付で対応可能です。

また、利用方法や設定方法などサポートサイトでマニュアルやチュートリアルも用意されているので、初めての方でもスムーズにできるようになっています。

KAGOYA CLOUD VPSの評判

KAGOYA CLOUD VPS 評判

KAGOYA CLOUD VPSの評判を紹介していきます。

良い評判

KAGOYA CLOUD VPSの良い評判には、

  • 国内のVPSの中でも料金が安い
  • 日額課金なので、気軽に仮想環境を立てられる
  • WordPressのサーバーやドメイン取得なども利用できる

などがありました。

特に多かったのが、料金に関する評判でした。

仮想環境を立てたい方にとって、メモリー1GB、CPU1コア、SSD25GBのスペックを日額20円で使えるのは、大きなメリットです。

また、VPSだけでなく、WordPressのレンタルサーバーやドメイン取得もできるため、1つのサービスで管理をまとめれるメリットもあります。

悪い評判

KAGOYA CLOUD VPSの悪い評判には、

  • サーバーの速いときと遅いときの差が激しい
  • コンソールの使い勝手が悪い

などがありました。

サーバーの速度については、用途によって影響が出ることも多いため、用途に合ったサーバーかどうかを選ぶのが重要になります。

どのサーバーが適切かわからない場合は、サポートに問い合わせて相談してみるのがおすすめです。

また、コンソールの使い勝手は人によっては悪いと感じてしまうようです。

電話サポートも対応しているので、使い方がわからない場合は相談してみてください。

KAGOYA CLOUD VPSの申し込み方法

KAGOYA CLOUD VPS 申し込み方法

KAGOYA CLOUD VPSの申し込み方法は、支払い方法でそれぞれ異なります。

クレジットカード支払い(オンライン手続き)

クレジットカード支払いであれば、オンラインでの手続きが可能です。

以下の手順で進めていきます。

  1. フォームから必要な情報を入力して申し込み
  2. メールアドレスに届いたURLから本登録
  3. アカウント発行
  4. 利用開始

利用可能なクレジットカードのブランドは、以下です。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club International

口座振替(郵送手続き)

口座振替での支払いを希望する場合は、郵送手続きになります。

  1. 申込書の記入(PDFダウンロード or 資料請求)
  2. 申込書をカゴヤ・ジャパン宛に送付
  3. メールアドレスの確認
  4. アカウント発行
  5. 利用開始

クレジットカードと口座振替どちらも、アカウントが発行されたら利用が開始できます。

KAGOYA CLOUD VPSの注意点

KAGOYA CLOUD VPS 注意点

KAGOYA CLOUD VPSの注意点は、以下の2つです。

  • ストレージ容量の小さいスペックへの変更ができない
  • 無料期間がない

KAGOYA CLOUD VPSは、スモールスタートして、リソースに合わせてスペックの変更は可能です。

しかし、小さいスペックへの変更はできません。

ただ、サーバーをスケールダウンすることはほとんどないため、そこまで気にならない点でしょう。

また、KAGOYA CLOUD VPSに無料期間はありません。

これはKAGOYA CLOUD VPSだけでなく、VPSサービスにおいては無料期間がないケースが多いです。

大きな注意点ではありませんが、KAGOYA CLOUD VPSを検討される際は、上記の2点は注意しておきましょう。

KAGOYA CLOUD VPSがおすすめ人

KAGOYA CLOUD VPS おすすめ

KAGOYA CLOUD VPSは、ビジネス用途向けのVPSを探している人におすすめなサービスです。

理由としては、KAGOYA CLOUD VPSは以下のようなビジネス開発に必要な機能や特徴があるからです。

  • スペック変更がコントロールパネルから簡単に可能
  • 複数のサーバーでローカルネットワークの構築が可能
  • テンプレートとアプリケーションを選択するだけで、希望の環境の構築が可能
  • 自社データセンターで専任の技術者が常駐して安定したサービスを提供

上記のような特徴がありながら、日額20円からと非常に低価格から始められます。

ビジネス・法人向けでVPSを探している人は、ぜひ検討してみてください。

KAGOYA CLOUD VPSの特徴や評判まとめ

KAGOYA CLOUD VPS まとめ

今回は「KAGOYA CLOUD VPSの評判や特徴、料金プランや申し込み方法」などについて解説しました。

KAGOYA CLOUD VPSは、国内VPSサービスの中でも、コストパフォーマンスに優れたVPSサービスです。

自社国内データセンターでデータを管理し、稼働率は99.999%を誇っています。

スペックの変更も可能なため、スモールスタートで開発をスピーディに進めていきたい方は、ぜひ利用してみてください。

目次