【最新】TikTokのアルゴリズムを徹底解説!再生数を伸ばすポイントを紹介

最新TikTokのアルゴリズムを徹底解説

この記事を読んでいる方は、

  • TikTokのアルゴリズムを詳しく知りたい
  • TikTokのアルゴリズムは特にどれが重要なのか知りたい
  • アルゴリズムを攻略してTikTokの動画再生数やフォロワーを増やしたい

上記のようにお考えではないでしょうか。

この記事では、TikTokのアルゴリズムや、どのように攻略すれば動画を成功に導けるのか詳しく解説していきます。

目次

TikTokのアルゴリズムとは

TikTok アルゴリズム

TikTokのアルゴリズムは、投稿した動画がどのようにして拡散されていくかを表す仕組みのことを指しています。

アルゴリズムを理解することで、投稿した動画の再生回数を伸ばしたり、多くのユーザーに閲覧されやすくなるでしょう。

またTikTokのアルゴリズムは、月日とともに変わっていきます。
2021年9月に利用者に「同じ動画を何度も見せないように」するため、以下のように変更されました。
  • 新しい動画への反応が多いほどおすすめの上位に表示される
  • おすすめでさらに多くのユーザーから反応を得られたときは、他国のおすすめにも表示される
  • フォロワー数の関係なく、どのユーザーの動画でも500回以上必ず再生される
そのためアルゴリズムを理解して、再生数や視聴者数を増やそうと試行錯誤する投稿者が増えています。

TikTokのアルゴリズムは2種類ある

TikTok アルゴリズム

TikTokのアルゴリズムは、加算式アルゴリズムと減算式アルゴリズムの2種類があります。

ここでは、その2種類のアルゴリズムについて詳しく解説していきます。

  1. プラスな意味を持つ、加算式アルゴリズム
  2. マイナスな意味を持つ、減算式減算アルゴリズム

順番に見ていきましょう。

プラスな意味を持つ、加算式アルゴリズム

加算式アルゴリズムとは、動画の評価が高いと算出される仕組みのこと。

つまり、上位に表示されやすくなる要因を持つ指標です。

具体的には、

  • いいね率
  • シェア率
  • フォロー率
  • コメント率
  • 平均再生時間
  • 再生完了率
  • ダウンロード数
  • プロフィール閲覧率
など、これらを基にして算出されます。
数値が高いほど優先的に多くの視聴者のおすすめに表示されるので、投稿者は数値を分析して動画の質を上げています。

 マイナスな意味を持つ、減算式アルゴリズム

減算式アルゴリズムとは、動画が上位に表示されなくなる仕組みのことです。

投稿した動画がバズらなくなる理由として、

  • 視聴維持率の低い
  • ほかのSNS媒体への誘導している
  • 「興味ありません」ボタンがタップされている

といった3つが挙げられ、結果として不人気な動画と取り扱われます。

これらの評価が多いと、視聴者に求められていないと判断できるため、投稿者はこの数値を少ない動画を作ることが重要です。

TikTokで重要なアルゴリズム5選

TikTok アルゴリズム

アルゴリズムの種類は理解できたものの、どの数値が特に重要なのか分からない人も多いでしょう。

ここでは、最も重要視すべき「加算式アルゴリズム」について紹介していきます。

  1. 再生時間・再生完了率
  2. 複数回再生数
  3. ユーザーのシェア数
  4. 動画を見たユーザーの反応
  5.  ハッシュタグチャレンジへの参加

この5つのアルゴリズムを深く理解することで、動画の視聴者を増やせます。

ひとつずつ見ていきましょう。

再生時間・再生完了率

  • 再生時間は、動画が再生された総時間
  • 再生完了率は、総再生回数に対する最後まで視聴された回数

を意味し、これらの回数が多ければ多いほど、TikTokのおすすめ欄に表示されるので重要な要素です。

なぜなら再生時間と再生完了率は、ユーザーの興味を引いた動画である要素に直結しているからです。

つまり最後まで視聴者が見たくなるような、最初の出だしと最後のオチをつけることで満足度が高くなります。

そのため人気の高い動画として、リストの上位に表示させるに値するコンテンツとして、最後まで楽しめる動画を作りましょう。

複数回再生数

Tiktokの再生には一度見終わっても、もう一度頭に戻り何度もループして再生することができ、これを「複数回再生」と呼びます。

アルゴリズムにも、この複数回再生が重要視されています。

その理由は投稿された動画内容がループ式に再生され、1人のユーザーが何度も見返したくなる動画がおすすめに表示されやすくなるからです。

このアルゴリズムが作用しているために、

  • 何度も再生したくなる動画
  • 終わりが分からない動画
  • 加工や編集技術が高くて見惚れる動画

といった動画が、視聴者の中毒性を刺激できます。

このような動画を作成することで、ユーザーのファン化も可能になり、多くのフォロワーを確保できるでしょう。

ユーザーのシェア数

TikTokで重要なアルゴリズムとして「視聴者のシェア数」が挙げられます。

シェア機能が、アルゴリズムとして数値にカウントされる仕組みになっているからです。

そのためユーザーが、

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

など、ほかのSNSでも拡散されることで、さらに多く再生され多くの視聴者に見てもらえます。

自身の再生回数を伸ばすために有効的なので、シェア数は重要なアルゴリズムです。

動画を見たユーザーの反応

Tiktokのアルゴリズムとして、ユーザーの反応の数というものがあります。

投稿した動画に対して「いいね」の数や「コメント」の数もアルゴリズムとして、集計されているからです。

たとえば、コメントを書いている時間や、視聴者がほかのユーザーのコメントを見ている時間も再生時間に含まれます。

ですので多くの再生数だけでなく、コメントやいいね数の多い動画は「話題を呼ぶ動画」と評価されるので、投稿者はコメントの返信も大切にしています。

いいねの数や、コメントを多くもらえる動画を作ることで、評価が上がる可能性も高くなるでしょう。

 ハッシュタグチャレンジへの参加

TikTokの重要なアルゴリズムの要素として、ハッシュタグチャレンジというものがあります。

これは特定の期間で定めた、企業や公式のテーマの動画を投稿するものです。

ハッシュタグチャレンジは、お題に沿った動画を中心に表示されるため、初心者でも上位に表示されやすくなり、トレンドでの視聴率も上げやすくなるでしょう。

また優秀な作品には賞金や特典が出される事例もあるので、人気インフルエンサーや一般人も多く参加し、参加者が多いほど盛り上がります。

早いうちに人気を獲得するためには、積極的なチャレンジをしていくのが早道となり、投稿内容に迷うときはぜひ活用しましょう。

TikTokのアルゴリズム攻略方法8選

TikTok アルゴリズム

ここでは、TikTokのアルゴリズムに基づいて、動画を作るポイントについて解説していきます。

  1. 最初の3秒にこだわる
  2. 人気の音楽を使用する
  3. 投稿する時間帯を限定する
  4. 投稿するジャンルを統一する
  5. トレンドに合うハッシュタグを使う
  6.  動画のターゲット層を明確に分析する
  7. 動画の量よりも質の高さを大切にする
  8. ユーザーが見返したくなる動画を作成する
このコツを活かして、多くの視聴者に見られるような動画を作りましょう。
順番に解説していきます。

最初の3秒にこだわる

TikTokの動画では、最初の3秒にこだわって製作することが大切です。

なぜなら、最初の3秒でユーザーの興味を惹き付けることで、動画がスキップされる可能性を低くできるからです。

具体的には、

  • 目を引きつけるタイトルにする
  • 一番最初の画面を鮮やかにする
  • 質問から初めて最後にオチが見れる動画にする

といった、視聴者に「面白そう」と思わせる工夫が重要なポイントです。

そのためにも、ほかのバズっている動画を研究して、最初の3秒にどのような工夫がされているのかを観察してみましょう。

人気の音楽を使用する

TikTokのアルゴリズム攻略法のひとつとして、流行りの音楽を使いましょう。

人気の音楽を使用して動画を製作することで、おすすめ欄に表示されやすくなります。

たとえばTikTokのおすすめ欄を見ていると、何回も流れてくるような曲が必ず出てくることも。

おすすめからよく聞く流行な曲を使うことで、TikTokのアルゴリズムに反映されやすくなり、さらに再生回数を上げられるようになります。

人気の曲を使って、踊ってみたのダンスから取り組んでみるのもいいでしょう。

投稿する時間帯を限定する

TikTokでは、投稿時間を選ぶことで効率よく視聴回数を稼げます。

これはアルゴリズムを逆手に取った攻略法ともいえる方法で、ユーザーが多く視聴する時間帯に投稿すると、ほかの時間と比べて多くの視聴者の目に留まりやすくなるからです。

またTikTokにおける投稿のゴールデンタイムは、15時から18時の間と言われており、10〜20代のユーザーの多くが帰宅時間に当たります。

そのため、移動の合間に視聴しているユーザーが集中し、動画視聴の習慣化が可能になります。

ほかにおすすめの時間帯として、

  • 12時から13時の昼食時間
  • 夕食後の19時から21時
  • 寝る前の深夜23時から0時

といった時間に視聴者はTik Tokを見るので、投稿内容によって時間帯を限定するといいでしょう。

投稿するジャンルを統一する

TikTokのアルゴリズム攻略法として、投稿するジャンルを統一するという方法があります。

なぜなら投稿するジャンルを統一して継続していくと「このアカウントはジャンルに特化している」とTikTok側に自動で認識されるからです。

たとえば恋愛系のジャンルに統一するなら、

  • 恋愛あるある
  • 恋愛に関する相談
  • 恋愛に役に立つ知識

など、同じジャンルでも幅広い動画を出せるでしょう。

ですが、TikTokのアルゴリズムに認識されるまでは時間がかかるので、ある程度継続することは重要になります。

トレンドに合うハッシュタグを使う

TikTokのアルゴリズムでは、トレンドに合うハッシュタグのついた動画が表示されやすい傾向にあります。

ハッシュタグチャレンジは、テーマに合った動画が表示されやすくなるため、おすすめ欄に載らなくても再生回数を稼げる可能性が高くなります。

そのため人気のタグを、こまめに確認して積極的にチャレンジしましょう。

また人気インフルエンサーが出演しているハッシュタグは、公式や企業が広告を運営して拡散力が高いので、視聴者を増やせやすくおすすめです。

動画のターゲット層を明確に分析する

TikTokアルゴリズムを攻略する上では、投稿する動画のターゲット層を明確にして、どのような内容であれば受けるのかを分析する必要があります。

すべての世代を対象にするのではなく、特定の年齢層に絞った方が人気が出やすい傾向があるからです。

特定の年齢層を狙うことで、一度共感性の高い動画としてヒットすると爆発的に人気が高まる可能性があります。

逆にタ―ゲットが明確でない動画は、ユーザーの反応が少なく、アルゴリズムから不評価を受けやすくなるので分析を疎かにしないようにしましょう。

動画の量よりも質の高さを大切にする

TikTokのアルゴリズムは、簡単に言えば動画が拡散される仕組みのことです。

そのため攻略方法のひとつとして、量よりも質を高めた動画投稿を重要視しましょう。

TikTokでは動画ごとに評価が下されているので、質の良い動画を投稿することで良いアカウントと判断されるからです。

つまり動画を何本も投稿するより、クオリティの高い動画を少しずつ出した方が拡散される確率が高くなります。

例として、Instagramは毎日投稿したほうがファンを増やせますが、TikTokは少しアルゴリズムが違うので、深く理解して質の高い動画を制作しましょう。

ユーザーが見返したくなる動画を作成する

TikTokのアルゴリズムを攻略して、視聴者が何度も見たくなる動画を作成することがポイントです。
何度も見てしまうような動画であれば、それだけ「いいね」を押してもらえる可能性が高くなり、コメント数や再生時間も伸びていきます。
その結果、アルゴリズムからは人気が高いと判断され、おすすめ表示に載りやすくなります。
注目される動画は、多くのユーザーから何度も再生されているので、おすすめ欄に投稿されている動画をお手本にして作成していきましょう。

アルゴリズムが理解できなくても安心できるTikTokの4つの特徴

TikTok アルゴリズム

アルゴリズムを理解したものの、うまく実行できず、動画を見てもらえるか不安を抱える人もいるでしょう。

ここでは、TikTokの安心できる特徴について解説していきます。

  1. 人よりもテーマで表示される
  2. おすすめに表示される機能が平等
  3. 動画が偏らないように設定されている
  4. 人気な動画は最新状態でなくても「おすすめ」に表示される
TikTokのシステムを知ることで、抱えている心配を失くせます。
ひとつずつ見ていきましょう。

人よりもテーマで表示される

TikTokのアルゴリズムの特徴として、人物よりも視聴者に合うテーマで動画が表示されるケースがあります。

人気の高い投稿者の動画ばかりが表示されるのではなく、視聴していた動画のジャンルに沿った動画がおすすめ表示される傾向にあるからです。

たとえば、InstagramやTwitterでは、人気の投稿者がおすすめ表示されやすく、初心者が再生回数を稼ぐのは大変でしょう。

しかしTikTokでは、テーマに準じた表示がなされるので、初心者の動画もある程度の視聴回数に達する確率が高くなります。

おすすめに表示される機能が平等

TikTokのアルゴリズムの特徴として、おすすめに表示される機会が平等に与えられている点が挙げられます。

なぜならアルゴリズムが、一定の再生回数を稼げるように調整しているからです。

具体的にTikTokでは、

  • 最低で300回程度の再生回数を稼げるように動画の表示順を調整されている
  • 人気の高い投稿作品ばかりが、おすすめに表示されない
  • 初心者や再生回数が伸びないユーザーでも上位に表示される機会がある

といった、多様なユーザーが活躍できるようになっている特徴があります。

おすすめには掲載されるチャンスは平等なので、動画を投稿していきましょう。

面白くても検索されずに埋もれてしまうことが起こりにくくなり、機会の均等化に配慮されているので、視聴者に見られないまま動画が埋もれることはありません。

動画が偏らないように設定されている

TikTokのアルゴリズムの特徴は、おすすめに表示される動画に偏りがないように設定されています。

検索結果に偏りが起こらないように、アルゴリズムで調整されているからです。

たとえばYouTubeやTwitterで、自身の好みの動画を検索していくと、表示される動画に偏りが発生します。

この状態を「フィルターバブル」と言いますが、TikTokではフィルターバブルが発生しないように設定が施されています。

なので、ジャンルを表示するに普段見ないテーマの動画をおすすめとして表示し、新しいジャンルの提案がされるのです。

人気な動画は最新状態でなくても「おすすめ」に表示される

TikTokでは人気の動画になると、最新ではない少し古い作品でも、おすすめやおすすめ欄の上位に表示されるのが特徴です。

なぜなら動画を投稿した数カ月後に、ほかSNSの拡散から動画が爆発的に視聴される事例があるからです。

つまり1回バズることによって、長期にわたってTikTokのおすすめに表示されるため、最新の動画よりも上位に上がる可能性が高まります。

投稿したすぐは視聴回数が悪くても、拡散やフォロワーの急増をきっかけにバズることで、おすすめに表示されるでしょう。

TikTokのアルゴリズムを理解しても再生回数が伸びない3つの原因

TikTok アルゴリズム

TikTokのアルゴリズムを分析して高クオリティの動画を投稿したものの、なかなか再生回数が伸びないケースがあります。

そのときは、以下のような原因が挙げられるので、当てはまっていないか確認しましょう。

  1. シャドウバンになっている
  2. TikTokの規約に違反している
  3. TikTokのサイト側で不具合が発生している
順番に解説していきます。

シャドウバンになっている

TikTokのアルゴリズムを理解した上で動画を工夫して作っても再生数が伸びない場合、アカウントがシャドウバンになっている可能性が高いです。

「シャドウバン」とは、運営側からアカウントの利用を制限されることです。

シャドウバンになると、どれだけクオリティの高い動画を作ってもおすすめ欄に表示されなくなります。

たとえば、動画の再生回数が一桁のまま動かない場合は、ほぼシャドウバンになっていると考えても良いでしょう。

そしてシャドウバンになった場合は、解除されるまでに2週間から5週間ほど時間がかかるので、それまで動画を投稿しない方が懸命です。

TikTokの規約に違反している

視聴者の求められるような動画を投稿したのに、再生回数が伸びない原因としては、TikTokの規約に違反した動画を投稿してしまっていた可能性があります。

TikTokでは、投稿してはいけないジャンルを規定しており、規約に違反するとアルゴリズムでおすすめ表示から外すようになっているからです。

規約の違反の一部として、

  • フォロワーの購入
  • 性的な表現がある
  • BGMや人物で著作権を侵害している

など複数が挙げられるので、気をつけなければいけません。

ですので再生回数が伸びない場合は、一度ジャンルを確認して規約に違反していないか確認して投稿しましょう。

もしも規約に反していたときは、すぐに削除することで解決できます。

TikTokのサイト側で不具合が発生している

TikTokのアルゴリズムを理解して、動画を作成したのに再生回数が伸びない場合、TikTokのサイト側で不具合が起きている可能性があります。
  • コメントが反映されない
  • 「いいね」が押せない
  • 最低視聴回数に届いていない
このようなバグが起きているときは、TikTok側で不具合が生じていると考えましょう。
もし投稿してから数日経過して、300回程度の最低視聴回数に届かない場合は運営に問い合わせることで迅速に解決できます。

まとめ:TikTokのアルゴリズムを熟知することでバズる動画を作れる!

TikTok アルゴリズム

今回は、TikTokのアルゴリズムや攻略方法、TikTokの特徴について解説しました。

アルゴリズムを理解しても再生数の伸びしろが不安に感じても、TikTok側では投稿者に平等におすすめに表示されるアルゴリズムが働くので、安心して投稿しましょう。

多くの視聴者の興味や、ほかのSNSで拡散されるような動画を作ることで、加算式アルゴリズムが発生します。

目次